SDGsとは

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは、2015年9月に国連本部で開催された「国連持続可能な開発サミット」において採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。 SDGsでは、持続可能な世界を実現するために、17の目標と169のターゲットが設定されています。

アイペットグループの中核会社であるアイペット損害保険では、ペットと人とが共に健やかに暮らせる社会を目指し、「ペットと人のSDGs」を定義し、取り組んでいます。

アイペットの考えるSDGs 〜ペットと人のSDGs〜

私たちは、保険会社として当社のペット保険をご提供することで、

  • 飼い主さまの大切な家族であるペットの診療費のご負担を減らし、
  • 動物病院を受診するハードルを下げ、
  • ペットにとって最適な治療を選択していただきやすくなる

お手伝いをしています。

 

飼い主さまにとって、ペットは大切な家族、大切な「うちの子」です。私たちも、「ご契約者さまとその大切な家族のために」という想いで、役職員一人一人が日々業務にあたっています。
そのため、人間の貧困、健康、環境などと同様に、ペットに関わる貧困、健康、環境なども、ペットを家族と捉える私たちにとっては同様に重要な社会的課題です。

 

ペット保険を提供する会社としての社会的な役割を踏まえ、私たちは、ペットと人とが共に健やかに暮らせる社会を目指しています。

 

そこで、私たちは、アイペットにとってのSDGsを「ペットと人のSDGs」として再定義しました。

  • ペットと人間が共に健康で幸せに生きていけるように、
  • 保険会社としての社会的な責任を果たせるように、
  • そして、私たち自身の「うちの子」である従業員が健やかに暮らし、成長していけるように、

私たちは「ペットと人のSDGs」において以下を重点課題と定め、取り組んでいます。

重点課題と具体的な取組み